ワイン・チュートリアル

ワインの主な産地

初心者におすすめ!飲みやすいワイン

ワインに合うおつまみについて

ワインは国内でも多くの産地で

日本全国で造られているワイン

お問い合わせ

ワイン・チュートリアル

日本全国で造られているワイン

現在、国内で造られるワインは、世界コンテストで受賞するほど評価を得ています。
その誕生は、明治時代まで遡ります。文明開化の息吹を受け、江戸後期より葡萄を生産していた山梨県勝沼で、葡萄酒造りが始まりました。
その後、品種変えなどをしつつ生産を続けてきましたが、寄生虫の影響を受け、一時中断されます。けれども当時は、国の管理法などなかった為、葡萄農家は、各々で葡萄酒を造っていたようです。
戦後、また葡萄酒造りが再興しますが、日本人は甘口を好むようで、本格的なワインは輸入に頼っていました。けれども、外食が一般へ普及し、食事に合うお酒の見方も変わるようになります。
大手酒造会社も、本格生産に力をいれるようになりました。現在生産地は、北海道から九州まで、全国で造られています。土地が変われば気候も変わります、当然味も変わってきます。
厳密に言えば、造る人により味は変わります。様々な味がある日本のワイン、味比べをして楽しむのも一興です。
改めて、日本ワインを味わってみてはいかがでしょう。思わぬ発見があるかも知れません。

日本のワイン生産を支える代表的な地域

日本のワインの大産地といえば、甲府盆地を有する山梨県が代表的ですが、隣りの埼玉県の秩父地方も有名です。
秩父地域にも多くのブドウ園がありますが、同時にワイナリーを目にすることも多く、観光客にとっても見逃せない存在です。
秩父盆地は複雑な高さを持った河岸段丘であり、寒暖差の激しい気候が特徴ですから、醸造に適したブドウが産出されます。山梨県の山間部の場合にも、寒暖差が激しい地形の影響を受けて、濃厚な味のブドウが生産されることが重要です。
さらに、昔からの品種改良の成果や醸造技術の進歩によって、ワインの品質は世界標準に達することが可能になります。
山梨県と埼玉県のワイン生産が盛んなことで、醸造レベルの向上に寄与して、結果的には日本の魅力を高めることにつながります。
埼玉県の日本酒の生産量は全国でトップクラスですが、ワインの生産量も増やしていけば、ライバルの山梨県に十分に対抗できます。
国際的にも有名になれば、訪日する観光客にアピールすることもできますから、妥協せずに製品を作ることが重要です。

おすすめWEBサイト

結婚写真 大阪

2017/9/14 更新